• 印刷する

VW、中国EV事業を強化へ 江淮大衆汽車の経営権取得

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は5月29日、中国での電気自動車(EV)事業の強化に向け、総額約21億ユーロを投資すると発表した。EV合弁への出資比率を引き上げて経営権を取得するほか、合弁を組む相手にも50%を出資。加えて、地場のリチウムイオン電池大手に出資する。

VWは、安徽江淮汽車(江淮汽車、JACモーターズ)との合弁EVメーカー、江淮大衆汽車(JACフォルクスワーゲン)への出資比率を50%から75%に引き上げ、経営権を獲得するとともに、江淮汽車の株式50%を取得することで合意した。取引額は合わせて約10億ユーロ。

加えて、中国のリチウムイオン電池大手、合肥国軒高科動力能源(国軒高科)の株式26%を約11億ユーロで取得し、筆頭株主となる。中国のリチウムイオン電池メーカーに外国の自動車大手が直接出資するのはこれが初めてとしている。

いずれの取引も、規制当局の承認を得た上で年内の完了を見込む。

VWの中国事業を率いるステファン・ウォレンシュタイン氏によると、江淮大衆汽車は、VWのEV用モジュラープラットフォーム「MEB」をベースとした初のEVを2023年に発売する予定。25年までにはバッテリー式EVやプラグイン・ハイブリッド車(PHV)、水素燃料車などを合わせて、年150万台の新燃料車(NEV)を中国で販売することを目指す。国軒高科は、VWの中国向けEVにバッテリーを供給する予定。

江淮汽車と国軒高科は共に、安徽省合肥市に本拠を置く。VWは安徽省を中国でのEV生産の拠点とする方針。[環境ニュース][M&A]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米独、ガス導管の完工で合意 ロシアが政治利用なら制裁発動(07/23)

独、洪水被災地で新型コロナ感染拡大の恐れ(07/23)

ボノビア、ドイチェ・ボーネン買収に暗雲(07/23)

英バークレイズ、独事業トップにKfW幹部(07/23)

住友ゴム、独でタイヤ空気漏れ防止技術導入(07/23)

米独社製のワクチン、南アフリカで生産へ(07/23)

ビオンテック製ワクチン、台湾で子供も対象(07/23)

独、洪水被害で緊急支援策 被災地復興に4億ユーロ拠出へ(07/22)

ドゥカティ、タイで世界800台の限定車発売(07/22)

ダイムラー、第2四半期は黒字回復(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン