スペイン、マドリードなどでも規制緩和

スペインの首都マドリードとバルセロナで、25日から新型コロナウイルスの封じ込め策が緩和された。市民はマスクを着用し、社会的距離を保った状態での最大10人までの集会などが認められる。その他の都市では解除の第2フェーズに入り、飲食店の全面営業などが解禁となる。 マドリ…

関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EDP、イベリア半島の火力発電所を閉鎖へ(07/15)

スペイン北部2州で州議会選(07/14)

カタルーニャ州、リェイダで外出禁止令(07/14)

マヨルカ島など、13日からマスク着用義務化(07/13)

アウダックス、ハンガリーで電力小売り参入(07/13)

カタルーニャ州、マスク着用を義務化(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

BBVA、初のグリーンCoCo債発行(07/10)

スペイン、住宅関連の負担軽減策を延長へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン