イケアのタイ事業、2期連続減収を予測

スウェーデンの家具製造・販売大手イケアは、新型コロナウイルス流行の影響で、タイ事業の売上高が2021年8月期まで2期連続で減少するとの見通しを示した。一方で、消費者のオンラインショッピングへの移行が進み、インターネット通販の売上高比率は向こう6カ月で25%に拡大する…

関連国・地域: スウェーデンアジア
関連業種: 小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

スポティファイ、タイ進出で広告代理店指定(05/27)

ボルボ、マレーシア組み立てモデルを発売(05/26)

イケアのタイ事業、2期連続減収を予測(05/22)

ボルボ・カーズ、タイで販促=販売回復へ(05/22)

北欧諸国、スウェーデンとの渡航緩和に慎重(05/21)

イケア、21年に星に小型店舗=東南アジア初(05/14)

エレクトロラックス、第1四半期は黒字復帰(05/13)

VW、ノースボルトとの電池合弁に追加投資(05/13)

スウェーデンの牧草地に1人用レストラン(05/12)

ボルボ、米センサー技術ルミナーと提携強化(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン