• 印刷する

スペイン、公共の場でのマスク着用を義務化

スペインで21日、公共の場でのマスク着用が義務化される。屋内外を問わず、2メートル以上の対人距離を確保できない場合に着用する必要がある。政府は先に、公共交通機関でのマスク着用を義務付けており、これを拡大した格好。

適用対象は6歳以上だが、3~5歳の子供にも着用が推奨されている。呼吸器疾患がある場合や、その他の病気や障害によりマスクを着用することができない場合は免除される。なお、鼻と口を覆うことが定められている以外はマスクの種類に指定はなく、違反者への罰則規定も明らかにされていない。

マスクの着用義務を巡っては、欧州各国で対応が割れている。ドイツの大部分やオーストリア、スロバキア、チェコでは、店舗や公共交通機関で着用する必要がある。イタリアはこれに加え、安全な対人距離が保てない公共の場でも着用すべきとしている。一方、英国やスイス、ベルギーは推奨にとどめている。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

グロボの配達員は被雇用者=スペイン最高裁(09/25)

グルーポアントリン、上海で研究施設を開設(09/25)

スペインGDP、17.8%縮小=改定値(09/24)

イベルドローラ、グリーン水素部門を設立(09/23)

マドリード州、一部で移動制限など規制強化(09/22)

金融カイシャバンク、バンキア買収で合意(09/21)

イベルドローラ、再生エネのアカシアを買収(09/18)

追尾式架台のエヌクレーブ、中国社が買収(09/18)

スペイン、フランコ独裁の負の遺産を解体へ(09/17)

スペイン2行、主要株主が合併支持か(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン