オスロ、ピカソの壁画解体に芸術家ら抗議

ノルウェーの首都オスロで、ピカソの壁画が残る政府庁舎の解体工事が進んでいる。2011年に極右過激派のテロ攻撃を受けたことで、政府が安全面などを考慮して14年に解体を決定。一方、歴史的価値を再評価する動きが高まっており、12日には芸術家ら200人が「人間の鎖」をつくって抗議…

関連国・地域: ノルウェー
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

NAS、アイルランドで破産保護を申請(11/20)

パナソニック、欧州で電池事業の可能性調査(11/19)

DNV GL、アブダビ・ポーツと提携(11/19)

北欧2カ国、再生エネが18テラワット時拡大(11/16)

伊エニ、ノルウェーで再生エネ合弁を設立(11/12)

ノルウェー、スバールバル諸島で重油禁止へ(11/11)

ノルウェー社、特許巡りオカド提訴=2度目(11/11)

ノルウェー政府、NASへの追加支援を拒否(11/10)

オスロ、国内他都市よりも厳格な規制導入(11/09)

建設インプレニア、土木部門の一部を売却へ(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン