• 印刷する

保険業界に2千億ドルの負担 新型コロナ、資産価値低下も影響

ロイズ保険組合は14日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が今年に世界の損害保険会社にもたらすコストが総額2,030億ドルとなり、空前の水準に達するとの試算を明らかにした。イベント中止や事業中断、取引信用カバーなどの保険金支払いに加え、経済全体への打撃により投資資産の価値が大幅に目減りするため。

ロイズ保険は、一定の社会的距離のルールや封鎖措置が2020年末まで続くとの仮定に基づき各社のコストを試算。その結果、2020年の保険金支払いは計1,070億ドルとなり、大規模自然災害が相次いだ2005年(1,160億ドル)や2017年(920億ドル)と肩を並べると予想している。また今回はこれに加え、投資資産の価値が960億ドル低下するため、全体のコストは前例のない規模に達するとみている。

ロイズ保険の今年の保険金支払いは30億~43億ドルとなり、9.11米同時多発テロ事件の起きた2001年に匹敵する見通し。ただ、現行の封鎖措置が年後半も続けば、さらに増える可能性もあるとしている。

ジョン・ニール最高経営責任者(CEO)は、「新型コロナウイルス危機の特徴は、人々の健康や社会への破壊的かつ持続的な影響だけでなく、経済的ショックをもたらすことだ」と指摘している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン