ロンドン超低排出区域、6割が移動手段変更

ロンドンで2019年4月に、一定の排気ガス基準を満たさないガソリン車やディーゼル車に通行料を課す「超低排出区域(ULEZ)」が導入されたことを受けて、市民の65.3%が移動手段を変えた――。二輪車保険を扱う英バイクシュア(Bikesure)が実施したアンケートで、こうした実態…

関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

パブが3カ月ぶりに営業再開 イングランド、都市封鎖を緩和(04/13)

マドリード州、英ワクチン接種拒否者が急増(04/13)

スイス当局、グリーンシルリスク事前把握も(04/13)

英、ワクチン2回目接種が4日連続40万人超(04/13)

英輸出企業の4割、第1四半期は減収=調査(04/13)

フィリップ殿下の葬儀、17日に実施(04/13)

英、5月に渡航規制見直し 解禁後も感染検査は義務付け(04/12)

マクロン大統領、エリート養成校を廃止へ(04/12)

ジブラルタル、集会人数制限などを撤廃へ(04/12)

ハリファックス住宅価格、3月は1.1%上昇(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン