議会、通信機器の安全性巡る新法を承認

エストニア議会(一院制、定数101)は12日、新たな通信網を構築する際の安全基準の見直しなどを盛り込む新たな電子通信法案を可決した。同法案は、安全性が問われる中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を念頭に、通称「華為法」と呼ばれているもの。議会の声明を元に、ロ…

関連国・地域: EUエストニアアジア米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン