公益事業エンジー、第1四半期は1.8%減益

仏公益事業大手エンジー(Engie)は12日、第1四半期(1~3月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が30億6,300万ユーロとなり、前年同期比1.8%減少したと発表した。暖冬によりエネルギー需要が減少したことが影響した。同社は併せて、世界25カ国以上の市場から撤退す…

関連国・地域: フランス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏下院、初の女性議長を選出(06/30)

欧州タイヤ大手2社、ロシアから撤退へ(06/30)

仏政府、公的部門で3.5%賃上げへ(06/29)

露産石油に価格上限設定へ G7、食糧保障・インフラに投資(06/29)

仏消費者信頼感、6月は悪化(06/29)

ルノー、データ収集でITのアトスと提携(06/29)

眼鏡エシロールルクソティカ、会長が死去(06/28)

スキポール空港、発着便数を年44万便に制限(06/28)

仏政府、今冬に北東部の石炭火発再開も(06/28)

電力EDP、洋上風力発電に15億ユーロ投資(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン