化学BASF、第1四半期は37%減益

独化学大手BASFは30日、第1四半期(1~3月)の純利益が8億8,500万ユーロとなり、前年同期比37%減少したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により洗剤や医薬品の原料需要が増加した一方、各国政府の封鎖措置の影響を受けて自動車部品やプラスチック関連が不振だった…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

ダイムラー、1.5万人削減も 労組との協議難航の恐れ(07/14)

独イノジー、ハンガリー社がチェコ事業取得(07/14)

VW、ソフトウエア事業のトップ交代か(07/14)

新型コロナワクチン、独接種希望は6割のみ(07/14)

台湾社、ヘンケルの米金属基板事業を買収(07/14)

独政府、豚コレラ阻止で国境の電気柵増設(07/14)

シーメンス、株主が電力部門の分離を承認(07/13)

シェアナウ、ハンガリーで法人サービス開始(07/13)

独検察、資金洗浄疑惑でワイヤーカード捜査(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン