独造船マイヤー子会社、最大450人削減へ

ドイツの造船大手マイヤー・ウェルフトのフィンランド子会社は28日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、従業員約2,000人のうち最大450人を削減するための協議を始めたと発表した。 同社は3月中旬に従業員の一時的な解雇の検討を開始したが、新型コロナウイルス流行の影…

関連国・地域: ドイツフィンランド
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

北欧諸国、スウェーデンとの渡航緩和に慎重(05/21)

フィンエアー、7月からアジア路線を再開(05/19)

ノキア、台湾社と5G網敷設で契約(05/19)

オスロの自動運転公道実験に4社が参画(05/06)

フィンランド、14日から学校と保育園を再開(05/01)

独造船マイヤー子会社、最大450人削減へ(04/30)

関西電力、フィンランドの風力発電に参画(04/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン