独造船マイヤー子会社、最大450人削減へ

ドイツの造船大手マイヤー・ウェルフトのフィンランド子会社は28日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、従業員約2,000人のうち最大450人を削減するための協議を始めたと発表した。 同社は3月中旬に従業員の一時的な解雇の検討を開始したが、新型コロナウイルス流行の影…

関連国・地域: ドイツフィンランド
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

韓国LG化学、ネステからバイオ原料調達(11/16)

サンポ、ノルデア銀への出資比率引き下げ(11/12)

テリア、リトアニアで5G通信網の提供開始(11/11)

通信機器ノキア、第3四半期は2倍超に増益(10/30)

ANA、製油ネステから代替航空燃料調達へ(10/29)

BT、大都市でエリクソンから5G機器調達(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン