• 印刷する

独でワクチンの治験承認 新型コロナ、ビオンテック開発

ワクチン・バイオ医薬品当局のポールエーリッヒ研究所(PEI)は22日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)向けに、独ビオンテック(BioNTech)が開発を進めているワクチンの臨床試験の実施を承認したと発表した。新型コロナのワクチンの治験が承認されたのは国内初で、世界では5件目となる。

対象となるのは、メッセンジャーRNA(リボ核酸、mRNA)を用いた薬品の開発プラットフォームを利用して開発されたRNAワクチン。18~55歳の健康な人から200人の治験ボランティアを募り、ワクチンを投与する。ワクチンは微調整を加えた複数のバリエーションがあり、各人に1種類または複数を割り当てる。

PEIは科学的な要件を満たしつつ、ワクチンの開発加速を後押しするため、早期に広範囲にわたる科学的なアドバイスを開発各社に与えたとしている。ビオンテックのワクチンの臨床試験は、申請からわずか4日間で承認されている。

なお、臨床試験の実施時期は明らかにされていないが、近く開始されるとみられている。ビオンテックは、一定の観察期間後、第2フェーズの臨床試験を実施する予定。現時点では、対象は同じ年齢層とするものの、感染した場合に重症化のリスクのある人を含める計画で、PEIはこの実施に向けて追加研究データの提出を求めている。

ビオンテックは3月、新型コロナウイルスのワクチン開発と中国以外の地域での流通について、米製薬大手ファイザーと提携すると発表。4月末にも欧州、米国、中国で治験開始を目指すとしていた。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、送電テネット出資巡りオランダと協議(12/01)

独製造業界、原材料不足が緩和=Ifo(12/01)

VW、台湾フォックスコンに製造委託も(12/01)

インフレ率、11月は10%に減速=速報値(12/01)

失業率、11月は5.6%に悪化(12/01)

シェフラー、印西部のソフト開発拠点が開所(12/01)

カタールと米コノコ、独にLNG長期供給(11/30)

ワンディアス、24年に北海ガス田で生産開始(11/30)

富士通、独で都市環境最適化を支援(11/30)

コンチ、EV用ブレーキキャリパー開発(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン