オランダ、在宅勤務者の25%が継続の意向

新型コロナウイルスの流行を機に在宅勤務を始めたオランダ国民のうち、25%は収束後も同様の働き方を続ける意向のようだ。オランダのモビリティー政策研究所(KiM)が20日公表した調査結果で、このような動向が明らかになった。 それによると、新型コロナウイルスの感染が拡大…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ失業率、8月は4.6%に悪化(09/18)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

オランダ、新年度予算案を発表(09/17)

ユーロネクスト、ミラノ証取に買収案を提示(09/15)

オランダ、新型コロナ規則違反の罰金減額も(09/14)

業界団体、返金拒否でモロッコ航空会社提訴(09/11)

オランダの新規感染者、4月以降で最大に(09/10)

決済システムのモリー、9千万ユーロ調達(09/09)

オンライン販売bol、酒類の販売停止(09/09)

オランダ、経済強化に200億ユーロ投資へ(09/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン