フィリップス、第1四半期は33%減益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスは20日、第1四半期(1~3月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が2億4,400万ユーロとなり、前年同期比33%減少したと発表した。新規受注高が2桁増となったものの、収益性は大幅に落ち込んでいる。…

関連国・地域: オランダ
関連業種: 電機医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オランダのEV購入支援、8日で資金切れ(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

オランダでコンテナに拷問部屋=6人逮捕(07/09)

オランダのインフレ率、6月は1.6%に加速(07/08)

アムステルダムの飾り窓地区が営業再開(07/03)

オランダ鉄道、今後数年で2300人整理へ(07/02)

シェル、最大220億ドルの減損損失を計上へ(07/01)

タタの蘭製鉄所でスト再開=人員削減巡り(06/30)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

KLM航空、オランダ政府が34億ユーロ支援(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン