• 印刷する

VW、第1四半期は81%減益 新型コロナウイルスの影響大きく

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は16日、第1四半期(1~3月)の営業利益(速報値)がおよそ9億ユーロとなり、前年同期比81%減少するとの見通しを示した。新型コロナウイルスの流行による需要減や世界の工場停止などが大きく響いている。

売上高は、8%減の550億ユーロを予想。営業利益率は1.6%にとどまり、1年前の8.1%から大きく落ち込むとみる。また、商品先物取引市場の下落や為替差損などによる損失額は、13億ユーロを見込んでいる。

2020年通期については、売上高は4%増加し、営業利益率は6.5~7.5%程度になるとした従来予測は達成できないと想定。現時点では業績の見通しも立てられないとした。

一方、閉鎖中の工場については、従業員の安全基準を強化した上で段階的に再開する方針だ。声明で「中国の進展から分かるように、年内の経済回復は可能」と前向きに示した。

第1四半期決算の詳細は29日に発表される予定。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、男女平等に向けた国家戦略を閣議決定(07/10)

ダイムラーCEO、コスト削減規模を拡大へ(07/10)

DHL、従業員50万人にボーナス300ユーロ(07/10)

BMW、モロッコ社からコバルト調達へ(07/10)

独EV登録台数、6月は2倍超に拡大(07/10)

貿易収支、5月は黒字拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

VW、スロバキアで5億ユーロ投資へ(07/09)

ワイヤーカード、事業買収に百社以上が関心(07/09)

ドイツ銀、米富豪との関係巡り当局が罰金(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン