ポルトガル政府、TAPなど国有化を検討

ポルトガルのコスタ首相は、新型コロナウイルスの世界的流行による影響を受けているポルトガル航空(TAP)などの企業を国有化する可能性を示した。TAPは2015年に一部民営化されたが、国が株式の50%を保有している。ロイター通信などが14日伝えた。 コスタ首相は地元紙に「…

関連国・地域: ポルトガル
関連業種: 金融運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

NEC、リスボン市と情報共有アプリを開発(07/09)

ポルトガル電力、汚職捜査で幹部の職務停止(07/08)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

ポルトガル航空、政府が追加出資で救済(07/06)

欧州各地で新型コロナ対策違反=封鎖緩和で(06/30)

リスボンのウェブ・サミット、12月開催へ(06/26)

リスボン、感染拡大で封じ込め策再び強化(06/24)

リスボンのテックイベント、予定通り開催へ(06/18)

金融アバンカ、ポルトガル同業の買収断念(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン