• 印刷する

仏、外出規制を5月まで延長 感染者減少続けば店舗の再開検討へ

マクロン仏大統領は13日夜にテレビ演説を行い、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出規制を5月11日まで延長すると発表した。改善の兆しはあるものの、感染拡大はまだ抑えきれていないと説明。ただ、今後も感染者の減少傾向が続けば、5月11日から学校や店舗を段階的に再開するとともに、それまでに症状のある患者全員を検査できる体制を整えるとしている。

マクロン大統領は、手狭な家での生活や家庭内暴力の脅威に耐える一部国民の境遇に理解を示した上で、パリを含むイルドフランス地域圏やグランテスト地域圏では、なお患者の増加により病床不足が続いていると説明。「国民が規制を順守すればするほど、多くの命が救われる」と理解を求めた。

5月11日以降は、保育園および小中高等学校、一部の店舗や職場を段階的に再開する方針。ただ、公共スペースや飲食店、ホテル、映画館、博物館などは閉鎖を続け、高齢者や慢性疾患のある人の外出も引き続き禁止する。大規模イベントも少なくとも7月自中旬まで禁止する。これらの規制については、5月中旬以降に毎週、緩和に向けた見直しを行うとしている。

マクロン大統領は、5月11日以降は新型コロナウイルス感染症(COVID19)の症状のある人全員に診断検査を施し、感染者を隔離するとしている。また、規制緩和後は国民にマスクの着用を促す方針。同大統領は、今回の危機に対する政府の当初の準備不足や対応の不備も認めた上で、その後の改善により3週間以内にマスクの生産を5倍に拡大し、人工呼吸器1万台を生産する手配ができたと説明している。

外出規制は3月17日に最低15日間の予定で導入され、その後に4月15日まで延長されていた。必需品の買い物や通勤、通院、運動など以外の外出は禁止されており、外出時には理由書の携帯が必要。違反者には罰金が科せられる。


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン