• 印刷する

スペイン、建設など操業再開 店舗閉鎖と外出制限は継続

スペインのサンチェス首相は12日、製造や建設など一部業種の労働停止措置を解除した。ただ、非常事態宣言の解除ではなく、スーパーマーケットや食料品店、薬局以外の店舗は引き続き閉鎖し、外出制限も継続すると強調した。

製造や建設などの業種は13日から業務が再開。スペイン政府はこれに合わせて、職場での感染防止策ガイドを発表した。通勤や勤務時に人との距離を十分に保つことや、マスクなど個人防護用品を着用することなどを改めて呼び掛けている。

スペインでの今回の動きを受けて、諸外国では流行の第2波が来ることになると懸念する向きもあり、今後の情勢に注目が高まっている。

スペイン議会は先に、サンチェス首相が提出した非常事態宣言の延長法案を可決。これにより26日まで封鎖措置が続くことになる。

政府は3月14日に15日間の非常事態を宣言。同月25日にはこの措置を4月11日まで延長していた。


関連国・地域: スペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スぺイン連立政権、年金改革で内部分裂(01/25)

イベルドローラ、ダノンに太陽光発電供給へ(01/25)

ビベンディ、スペイン同業プリサの株式取得(01/25)

独スペイン2社、オランダの通信塔事業統合(01/22)

マドリードで住宅ガス爆発、4人死亡(01/22)

スペイン、レイオフ制度を5月末まで延長(01/21)

暴風雪被害のマドリードなど、被災地に指定(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

スペイン、ワクチン2回目接種を開始(01/20)

スエズ、スペイン同業を完全子会社化(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン