• 印刷する

伊仏で死者数伸びが再加速=英西は減速続く

欧州における新型コロナウイルスの感染拡大は、いまだ予断を許さない状況が続いている。各国当局によると6日時点の1日当たりの死者数は、イタリアで636人となり、伸びは前日の525人から再び加速。フランスでも前日の357人から大幅に増え、流行が始まって以来最多の833人が犠牲となった。一方、英国ではこの日の死者数が439人増加し、伸びは2日連続で減速。スペインでは637人と、3月24日以降で最低となった。

フランスのベラン保健相は死者数の急増を受けて「収束には程遠い。道のりは長い」として、国民に外出規制の順守を改めて呼び掛けた。

英国の次席科学顧問を務めるアンジェラ・マクリーン氏は、封鎖措置が奏功して感染拡大のペースが衰えつつあると判断するのは時期尚早だとの見解を示している。

一方、スペイン保健省緊急委員会のマリア・ホセ・シエラ副委員長は「ほぼ全ての地域で」感染拡大のペースが減速傾向にあると述べている。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスペイン
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】6月1~5日(06/01)

武田薬品、欧州委が資産売却義務を解除(06/01)

ユーロ圏インフレ率、5月は0.1%に減速(06/01)

航空・海運の燃料転換、コロナ危機で焦点に <連載コラム・エネルギーTODAY>第42回(05/29)

ルフトハンザ監査役会、救済策の承認見送り(05/29)

ユーロ圏景況感、5月は改善(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン