• 印刷する

仏伊西、死者数伸び減速=独も感染縮小傾向

新型コロナウイルスが猛威を振るう欧州で、感染拡大のペースが緩やかになりつつあるよもうだ。各国当局の発表によると、5日の1日当たりの死者数は、イタリアでは525人と前日から23%減り、3月19日以降で最低となった。スペインは674人と3日連続で伸びが減速。フランスは357人とこちらも前日から減少している。ドイツでも国内の感染者数の増加ペースは4日連続で減速している。

オランダでは、5日時点の累計感染者数が1,224人増え1万7,851人となった。新規入院患者数は253人と前日より少なかったものの、死者数は115人増え1,766人に拡大した。

チェコの感染者数は5日時点で4,591人と、前日から2.6%増加。伸びは国内で感染が確認された3月初め以来最低を記録した。

一方、ポルトガルは4日時点で感染者数が1万524人、死者数が266人に増え、感染拡大は今後も続くとみられている。テミド保健相は「トンネルの出口にまだ光は見えない」として、今週末から始まるイースター休暇に向け、さらに気を引き締めるよう国民に呼び掛けている。


関連国・地域: ドイツEUイタリアスペインポルトガルオランダチェコ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン