• 印刷する

航空BA、従業員3.6万人が一時休職へ

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの運航便を見合わせている現状を受け、従業員約3万6,000人を一時休職にするもようだ。客室乗務員や地上職スタッフ、整備士らが一時的に現場を離れるが、人員削減には踏み切らない見通し。BBC電子版などが2日伝えた。

BAは対象となる従業員に対し、英政府の賃金補助スキームを通して賃金の8割を支払う。会社側と労組は、休職中の待遇について大枠では合意しているが、詳細はまだ固まっていない。

なお、今回の措置にパイロットは含まれていない。パイロットについては4~5月に2週間の無給休暇を取得することで合意している。

BAはロンドン・ガトウィック空港とロンドン・シティー空港の発着便の運航を全面的に停止。現在はロンドン・ヒースロー空港路線のみ運航を続けている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

タタ、英南西部に電池工場 26年から稼働=EV向け(02/29)

アストンマーティン、EV発売を26年に延期(02/29)

ポスト・オフィス、現CEOを社内調査(02/29)

日本、英国産チーズなど37品目保護へ(02/29)

発電能力の拡大遅延、エネ安保危機も(02/29)

M&S、4月に10%超賃上げ=4万人対象(02/29)

地方自治体、資産売却が加速=財政危機(02/29)

カリーズ、エリオットの買収提案を再び拒否(02/29)

テムズ・ウオーター、政府救済回避に躍起(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン