• 印刷する

西政府、外出規制を強化=待機中の賃金保証

スペインのサンチェス首相は28日、必要不可欠な業務の従事者以外の外出を3月30日~4月9日の間、禁止すると発表した。政府は既に、食品の購入や通院、通勤などを除く不要不急の外出を控えるよう国民に求めていたが、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の患者が増加し続けていることを受け、これをさらに厳格化する。

政府は30日、この措置により自宅待機を余儀なくされる労働者の賃金を全額保証する案を閣議承認した。労働者はこの措置が解かれた後、年内に待機期間中の労働時間を埋め合わせる必要がある。

政府は3月14日に非常事態宣言を発動し、不要不急の外出を禁止。当初は15日間の予定だったが、先にはこれをさらに15日間延長し、4月11日までとした。学校や劇場、博物館、映画館は閉鎖され、ホテルや飲食店は宅配サービスのみを許可されている。加えて、3月23日から30日間、全ての空港や港湾も閉鎖されている。

保健省によると、スペインの新型コロナウイルス感染者数は30日時点で8万5,195人と、前日から6,398人増加し、中国を上回った。死者は812人増えて7,340人に達している。[労務]


関連国・地域: スペイン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

グロボの配達員は被雇用者=スペイン最高裁(09/25)

グルーポアントリン、上海で研究施設を開設(09/25)

スペインGDP、17.8%縮小=改定値(09/24)

イベルドローラ、グリーン水素部門を設立(09/23)

マドリード州、一部で移動制限など規制強化(09/22)

金融カイシャバンク、バンキア買収で合意(09/21)

イベルドローラ、再生エネのアカシアを買収(09/18)

追尾式架台のエヌクレーブ、中国社が買収(09/18)

スペイン、フランコ独裁の負の遺産を解体へ(09/17)

スペイン2行、主要株主が合併支持か(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン