ジャーマンウイングス機墜落5年、集会中止

2015年3月24日に発生した独ルフトハンザ航空の格安航空子会社ジャーマンウィングス機の墜落事故から、5年目の節目を迎えた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により追悼集会は中止に。現場の仏南部では、地元首長らが花束を手向けた。ドイチェ・ウェレが伝えた。 スペイン…

関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独最高裁、VWに賠償命令 排ガス不正訴訟のモデル判決に(05/26)

独GDP、第1四半期は改定値も2.2%縮小(05/26)

Ifo企業景況感、5月は改善(05/26)

独北部のレストランで集団感染=新型コロナ(05/26)

ルフトハンザ、6月中旬に20路線の運航再開(05/26)

アストンマーティン、パーマーCEO更迭へ(05/26)

運輸・暖房の排出権を1トン25ユーロに(05/26)

ルフトハンザ、救済協議に進展 独政府が最大90億ユーロ支援(05/22)

飲食店、営業再開も客足戻らず経営難に直面(05/22)

ボルボ・カーズ、タイで販促=販売回復へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン