マドリード、封鎖10日目=好転の兆し見えず

スペインの首都マドリードで24日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための封鎖措置が導入されてから10日が経過した。同市の感染者数はこの日の時点で1万2,352人と、国内の3分の1近くを占めている。AFP通信などが伝えた。 マドリードの死者は1,535人に上り、葬儀業者など…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カタルーニャ州、マスク着用を義務化(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

BBVA、初のグリーンCoCo債発行(07/10)

スペイン、住宅関連の負担軽減策を延長へ(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

スペイン国民の5.2%が抗体保有=全国調査(07/08)

スペイン、カタルーニャとガリシアで再封鎖(07/07)

スペイン、500億ユーロの企業支援策へ(07/06)

英、鉄鋼セルサに緊急融資=戦略的企業で初(07/06)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン