• 印刷する

7500億ユーロの資産追加購入 欧州中銀、影響悪化食い止めで

欧州中央銀行(ECB)は18日夜に緊急電話会議を開き、年内に追加で7,500億ユーロの資産を購入することを決めたと発表した。既に先の政策理事会で量的緩和策の拡大を決めていたが、新たな買い入れにより、新型コロナウイルスの感染拡大による欧州の経済や金融市場への影響悪化を食い止める狙い。

ECBはこれを「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」と名付け、感染の危機的段階が終わったと判断されるまで、少なくとも年内は継続する。追加購入の規模は、先の量的緩和策で決めていた1,200億ユーロと合わせると8,700億ユーロとなる。ECBは「権限の範囲内で、あらゆる可能な手段を活用することを決めた」と表明している。

購入する資産のうち社債については、非金融機関が発行するコマーシャルペーパー(CP)にも対象を広げるほか、担保の基準も緩めて市中銀行が資金を調達しやすくする。国債については、初めてギリシャ国債も対象に加えた。また、買い入れでこれまで自らに課していた制約について、「直面する危機に応じた行動に必要な範囲で見直しを行う」と明らかにした。これにより、国債の保有で発行国当たりの上限を発行額の3分の1とする制約や、各国のECBへの出資割合に応じた国債の購入を緩和する可能性がある。

ECBのラガルド総裁は先に、一般世帯や企業に対する封鎖が1カ月続けば、ユーロ圏の今年の域内総生産(GDP)成長率は当初予想の0.8%から2ポイント引き下げられ、封鎖が3カ月になれば引き下げ幅は5ポイントを超えるとの見通しを示していた。


関連国・地域: EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

ベルギー、ECDCが高感染リスク国に指定(09/25)

EU気候中立目標、自動車産業への影響は <連載コラム・自動車産業インサイト>第48回(09/25)

欧州委、移民受け入れの改革案 各加盟国の負担公平化目指す(09/25)

企業の半数、離脱移行期間終了に備えられず(09/25)

EU、欧州横断急行の復活を検討(09/25)

欧州商用車登録台数、8月は18.1%減少(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン