公益事業エンジー、通期は6.8%増益

仏公益事業大手エンジー(Engie)は12日、2019年12月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が103億6,600万ユーロとなり、前期比6.8%増加したと発表した。中東・アフリカ・アジアを除いて全地域が好調だった。 売上高は5.4%増の600億5,800万ユーロ。事業・地域別では、…

関連国・地域: フランス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

パリ、観光地などでのマスク着用が義務化(08/11)

不法移民の阻止に海軍投入へ 英仏海峡経由の流入急増受け(08/11)

ポーランド、外資系メディア規制に着手へ(08/11)

製造業景況感、7月は改善(08/11)

サウジ、ウラーの観光開発でアコーと提携(08/11)

ニジェールで人道支援の仏6人射殺(08/11)

独仏、WHO改革協議から撤退=米と対立で(08/11)

エネルX、ソジェン子会社とEVレンタル(08/11)

仏製造業生産、6月は14.4%増加(08/10)

仏貿易収支、6月は赤字拡大(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン