中国社、ウクライナで廃棄物発電建設へ

発電所建設を手掛ける中国国営の中国能源建設(北京市)は、傘下2社がウクライナのカルサと廃棄物発電所の設計・調達・建設(EPC)契約を締結したと発表した。契約額は2億3,800万ドルで、工期は3年。 計画によると、1日当たりの廃棄物処理能力が750トンの発電機をウクライ…

関連国・地域: ウクライナアジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナのインフレ率、4月は2.1%(05/19)

露とウクライナ、越社が人工呼吸器を寄贈(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン