• 印刷する

英、「軽微な症状」でも自主隔離を要請へ

英政府は向こう10~14日の間に、軽微でも呼吸器感染や発熱の症状がある人に7日間の自主隔離を要請する可能性がある。新型コロナウイルスの感染者の急増が予想されるため。クリス・ウィッティー首席医務官(CMO)が9日、ジョンソン首相との共同記者会見で明らかにした。

同首相はこの日の記者会見で、英国はまだ新型コロナウイルス対策の第1段階である「封じ込め」期にあると強調。ただ、流行を遅らせる第2段階の「遅延」期に向けた準備も進めていると説明した。同首相は近々、高齢者や免疫力が低い人々に自宅にとどまるよう求める可能性もあるとしている。

英政府の対応を巡っては、大規模イベント禁止や休校などの措置を取っている他の欧州各国と比べて甘いとの批判がある。これに対しジョンソン首相は、「医学的メリットが少ない措置や、逆効果を生むような措置を取るべきではない」と述べ、「最新・最良の証拠に基づき、しかるべきタイミングでしかるべき決断を下すことが重要」としている。

英政府が先に発表した感染対策の行動計画は、「封じ込め」、「遅延」、「緩和」の3段階の対策に「研究」を加えた四つの柱から成る。まず第1段階では流行を食い止めるため、感染者の早期発見や感染経路の解明に努める。流行が始まった場合には第2段階として感染者の急激な増加を防止し、気温が上がり医療システムに余裕が生じるまでピークを遅らせるための措置を取る。第3段階では感染者のケアと社会・経済への影響緩和に取り組む。また、これらと並行して新型コロナウイルスの研究を進める。

英国では10日午前9時(現地時間)までに2万6,261人が同ウイルスの検査を受け、うち373人の感染が確認された。このうち6人が死亡している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国後の自主隔離を一部免除 日本や欧州主要国対象=10日から(07/06)

英、鉄鋼セルサに緊急融資=戦略的企業で初(07/06)

製造企業の4割強、年内に人員整理を計画(07/06)

消費者信頼感、6月後半はやや改善(07/06)

カジュアルダイニング、管財人の管理下入り(07/06)

首相官邸、政府広報室の規模を大幅縮小へ(07/06)

ユニリーバ、ベトナム当局とごみ分別で協力(07/06)

HSBC、香港顧客の66%がオンライン投資(07/06)

英、75カ国対象に隔離策撤廃も 対象国リストは週内にも発表(07/03)

英小売業界、コロナ禍で人員削減相次ぐ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン