テクニップ、アンゴラ沖で海底機器契約

仏米資本の油田設備・エンジニアリング大手テクニップFMCは10日、英石油メジャーのBPのアンゴラ子会社から、同国沖18鉱区での海底油田開発に向けて、海底機器の統合設計・調達・建設・設置(EPCI)を受注したと発表した。 18鉱区は、水深1,200~1,500メートルに位置する…

関連国・地域: フランス米国アフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

仏、死者1万人超え=世界で4カ国目(04/09)

仏GDP、第1四半期に6%縮小も=中銀(04/09)

仏PSA、新型コロナ対策巡り労組と合意(04/09)

仏の「農業支援部隊」に20万人超が応募(04/09)

エア・リキード、感染症予防の独社売却へ(04/09)

仏スーパー、封鎖終了まで価格据え置き(04/09)

パリ、午前10時~午後7時は屋外で運動禁止(04/08)

LVMHとケリング、失業給付金の利用撤回(04/08)

エアバス、独米工場でも操業停止(04/08)

伊仏で死者数伸びが再加速=英西は減速続く(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン