• 印刷する

テスコ、東南アジア事業をタイ財閥に売却

英スーパー最大手のテスコは9日、タイとマレーシア事業をタイ大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループに売却することで合意したと発表した。事業の簡素化・特化戦略の一環。取引額は80億ポンドで、うち50億ポンドを特別配当に充てる。

取引は関係当局の承認を経て、年後半に完了する見通し。今回の売却により、テスコの国外事業はアイルランドのほか、ポーランド、ハンガリー、チェコの中東欧事業だけとなる。

CPグループは世界最大の複合企業(コングロマリット)の一つで、国内でコンビニエンスストアチェーン大手セブン―イレブンの1万店舗超を経営する。1990年代後半にテスコのタイ事業「テスコ・ロータス」を展開したものの、1997年のアジア通貨危機のあおりを受けて、事業をテスコに売却した。

テスコは1998年にタイに進出。現在は1,967店舗を経営する。マレーシアには2002年に初出店し、74店舗を展開している。両国で計6万人近くを雇用。両事業を合わせた2020年2月期の売上高は前期比1.5%減の48億7,300万ポンドで、英国・アイルランド事業の約10分の1だった。[M&A]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 金融小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

英政府、新型コロナ検査の展開に苦戦(04/03)

航空BA、従業員3.6万人が一時休職へ(04/03)

福祉給付の申請者、過去2週間で95万人に(04/03)

ネーションワイド住宅価格、3月は伸び加速(04/03)

英ウィンブルドン選手権、今年は中止(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

英の封鎖措置、感染阻止に効果=専門家調査(04/02)

新型コロナの無認可検査キットに警鐘=当局(04/02)

中小企業の2割弱、必要な現金枯渇(04/02)

欧州、自動車工場の停止で111万人に影響(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン