• 印刷する

伊の新型肺炎死者が107人に EU機関の職員も感染発覚

欧州で最も新型コロナウイルスの感染が広がるイタリアで4日、死者数が107人となった。感染者数は北部ロンバルディア州を中心に3,089人に増加している。イタリア市民保護局が明らかにした。

AMSA通信は、伊政府が大学を含めた全ての学校を3月中旬まで休校にすることを決定したと報じている。感染が拡大している北部地域では、既に学校が閉鎖されているという。

欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブによると、欧州防衛機関(EDA)の職員1人が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。EU機関で感染者が出たのは初めて。この職員は先に、イタリアから戻ったばかりだったという。

これを受けてEDAは、予定されていた全ての会議を13日までキャンセルした。同職員はイタリアから戻った後で他のEU機関との会議に出席。会議は約30人が参加し、およそ4時間続いたという。この会議に出席した欧州対外行動局(EEAS)の職員1人が新型肺炎の症状を訴えており、現在検査を受けている。

またスペインでは3日、同国で初めて新型肺炎による死者が確認された。亡くなったのは2月に東部バレンシア州で発症した男性で、同月13日に死亡。その後の検視で、死因は新型肺炎によるものと判明した。


関連国・地域: EUイタリアスペイン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、ECDCが高感染リスク国に指定(09/25)

EU気候中立目標、自動車産業への影響は <連載コラム・自動車産業インサイト>第48回(09/25)

EU、ルカシェンコ大統領の正当性認めず(09/25)

欧州委、移民受け入れの改革案 各加盟国の負担公平化目指す(09/25)

企業の半数、離脱移行期間終了に備えられず(09/25)

EU、欧州横断急行の復活を検討(09/25)

欧州商用車登録台数、8月は18.1%減少(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン