日産「関税復活なら欧州事業の意義喪失も」

英国と欧州連合(EU)の間で自由貿易協定がまとまらず、自動車や自動車部品に10%の関税が課されるようになれば、日産自動車の英工場だけでなく欧州事業戦略全体の有効性が失われる――。欧州部門の会長を務めるジャンルカ・デフィッシ氏が24日の記者会見で、こうした見方を示し…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

中規模企業も緊急融資で救済 英政府、最大2500万ポンド(04/06)

日産、英工場の生産停止を4月末まで延長(04/06)

メルケル首相、自主隔離終え表舞台に復帰(04/06)

ヒースロー空港、滑走路1本を閉鎖(04/06)

ロンドンの仮設病院が開業=全国6カ所でも(04/06)

HSBC、香港で貿易融資を開始(04/06)

3月は統計開始以降で最低 ユーロ圏総合PMI確定値(04/06)

ロンドンの15人に1人が既に感染=政府顧問(04/06)

英政府、新型コロナ検査の展開に苦戦(04/03)

航空BA、従業員3.6万人が一時休職へ(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン