エールフランスKLM、通期は30.6%減益

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは20日、2019年12月期の純利益が2億9,300万ユーロとなり、前期から30.6%減少したと発表した。燃料価格の上昇と、貨物事業の減収が響いた。 売上高は3.7%増の271億8,800万ユーロ。旅客輸送は好調だったものの、貨物は前年を下回った。旅…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

仏、19日に飲食店の屋外席再開=予定通り(05/11)

フレンチアルプスで雪崩、計7人死亡(05/11)

人口当たり代替肉消費、欧州首位はオランダ(05/11)

レモンディス、新スエズに最大40%出資も(05/11)

クレディ・アグリコル、64%増益(05/10)

トタル、インドネシア給油所運営から撤退(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン