• 印刷する

欧州委、AI白書を公表 規制と開発促進=米中に対抗

欧州委員会は19日、人工知能(AI)の規制と開発促進に向けた戦略をまとめた「AI白書」を公表した。中国や米国に対抗できるテクノロジー産業の育成を図ると同時に、AIの普及による市民のプライバシーなどの権利侵害を防止する狙い。

欧州委はAI開発の促進に向け、向こう10年にわたり民間資金を合わせて年間200億ユーロを投じる方針。EU資金は、「デジタル・ヨーロッパ・プログラム」や研究開発(R&D)支援プログラム「ホライズン」、欧州構造投資基金(ESIF)などから拠出する。

一方、規制面では、AI産業にも自動車や化学品、化粧品、玩具などと同様の基準と検査を導入することを提案している。特に顔認識技術については、プライバシーなどの権利が侵害される恐れがあるため、利用が正当化される状況を特定するとしている。

欧州委のフォンデアライエン委員長は、「企業や研究者、開発者、起業家にはAIの開発を促し、市民には安心してAIを利用してもらいたい」と話す。欧州委は5月19日まで「AI白書」に関する意見公募を行った上で、今後の措置を決定する。


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独主導でグリーンな復興目指すEU <連載コラム・環境フォーカス>第46回(08/07)

独仏スペインで新規感染最多 コロナ、中東欧でも再拡大の兆し(08/07)

EU、中国製耐食鋼への不当廉売措置を拡大(08/07)

【月次リポート】欧州(7月)(08/06)

シンラブ、PCR検査対応能力を1.5倍に(08/06)

新型コロナ、欧州各国で感染再拡大の兆し(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン