• 印刷する

金融HSBC、3.5万人整理 不振の投資銀事業を縮小へ

英金融大手HSBCホールディングスは18日、向こう3年間の新戦略を発表した。リスク資産の縮小や不採算部門の統合など一連の事業再建策に伴い、約3万5,000人を削減する計画。

同行は、2022年末までにリスク資産を1,000億ドル超削減するほか、英国事業を除く欧州のトレーディング事業を縮小し、米国の支店数を約30%減らす方針。これにより45億ドルのコスト削減を目指す。人員整理は欧州と米国の投資銀行事業が対象になるとみられているが、詳細は明らかにしていない。一方、順調なアジア市場への投資は拡大する計画だ。

■通期は32.9%減益

HSBCは併せて、2019年12月期の税引き前利益が133億4,700万ドルとなり、前期比32.9%減少したと発表した。欧州の投資銀事業とトレーディング事業で73億ドルを減損処理したことが響いた。

地域別では、主力のアジアが184億6,800万ドルと3.8%増加。欧州は46億5,300万ドルの赤字で、1年前の8億1,500万ドルから6倍弱に拡大している。中東・北アフリカは49.5%増えた。一方、北米は4%の減益。中南米は28.4%縮小した。

全体の税引き前利益は特別損益を除くと222億1,200万ドルで、4.9%増加した。これを部門別に見ると、リテールバンキング&ウェルスマネジメント部門は14.7%拡大。グローバル・プライベートバンキング部門は18.6%伸びている。半面、投資銀行業務を含むグローバルバンキング&マーケット部門は9.2%、コマーシャルバンキング部門は2.3%それぞれ減少している。

グループの業務粗利益は4.3%増の560億9,800万ドル。普通株等ティア1レシオ(自己資本比率)は期末時点で14.7%と、1年前から0.7ポイント上昇している。

ノエル・クイン暫定最高経営責任者(CEO)は今年について、中国を中心とした新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大が、同国本土と香港の従業員とサプライヤー、顧客に深刻な混乱をもたらしていると指摘。今後はこれに伴い経済が減速し、業績に影響を与える可能性もあるとの見方を示した。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

入国後の自主隔離を一部免除 日本や欧州主要国対象=10日から(07/06)

英、鉄鋼セルサに緊急融資=戦略的企業で初(07/06)

製造企業の4割強、年内に人員整理を計画(07/06)

消費者信頼感、6月後半はやや改善(07/06)

カジュアルダイニング、管財人の管理下入り(07/06)

首相官邸、政府広報室の規模を大幅縮小へ(07/06)

ユニリーバ、ベトナム当局とごみ分別で協力(07/06)

HSBC、香港顧客の66%がオンライン投資(07/06)

英、75カ国対象に隔離策撤廃も 対象国リストは週内にも発表(07/03)

英小売業界、コロナ禍で人員削減相次ぐ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン