• 印刷する

ボンバルディア鉄道事業取得へ 仏アルストムが協議認める

仏重電大手アルストムは17日、カナダのエンジニアリング大手ボンバルディアの鉄道事業買収に向け、協議を行っていると発表した。取引額は70億ドルに上る見通し。両社はかねて鉄道事業の統合を検討中と報じられており、これを正式に認めた格好となる。ただ、最終的な決断はまだ下されていないとしている。

アルストムはボンバルディアとの協議を認めた(アルストム提供)

アルストムはボンバルディアとの協議を認めた(アルストム提供)

ブルームバーグは1月、両社が数カ月前から鉄道事業の統合に向けた協議を進めていると報じていた。統合は、各国の競争法に基づく厳密な調査の対象になると見込まれており、協議がまとまっても取引成立にこぎつけるかどうかは定かではない。

ボンバルディアは2017年、独総合電機大手シーメンスと鉄道事業統合に向け協議したものの、シーメンスはその後、アルストムと鉄道事業を統合することで合意。しかし、この計画は昨年2月、欧州委員会によって却下された。欧米の鉄道車両メーカーの間で事業統合の動きが活発化している背景には、攻勢を強める世界最大手の中国中車(CRRC)に対抗する狙いがある。[M&A]


関連国・地域: フランスカナダ
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

仏製造業生産、5月は22%増加(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

「ベジバーガー」の呼称禁じる仏新法に異議(07/13)

ノートルダム大聖堂、19世紀の姿を再現へ(07/13)

エアバス、上半期の納入機数は5割減(07/10)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却も(07/10)

仏首相、第2波到来でも全国的再封鎖はせず(07/10)

トタル、モザンビークガス事業の資金確保か(07/10)

PSA、「フリー2ムーブ」にオンデマンド(07/10)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン