KLM航空、乗務員が機内で韓国人差別

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLM傘下のKLMオランダ航空は14日、機内トイレに客室乗務員が韓国人への差別的な張り紙をしたとして謝罪した。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)に関連し、韓国語で「乗務員専用」と手書きで記されていたという。コリア・タイム…

関連国・地域: オランダアジア
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ12歳少年、ワクチン接種巡り勝訴(09/27)

培養肉モサミート、ディカプリオ氏が出資(09/24)

オランダGDP、第2四半期は3.8%拡大(09/24)

飲食店屋外席、トイレ使用時はパス提示必要(09/22)

シェル、米社にパーミアン盆地事業を売却(09/22)

オランダ、連立交渉を再び持ち越し(09/21)

アムステルダム、ホロコースト記念碑が完成(09/21)

オランダ人の平均身長、世界最高ながら低下(09/21)

ロレアルなど、美容製品の環境負荷を評価へ(09/21)

議会、飲食店でのワクチン証明義務化を承認(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン