KLM航空、乗務員が機内で韓国人差別

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLM傘下のKLMオランダ航空は14日、機内トイレに客室乗務員が韓国人への差別的な張り紙をしたとして謝罪した。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)に関連し、韓国語で「乗務員専用」と手書きで記されていたという。コリア・タイム…

関連国・地域: オランダアジア
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユーログループ、追加支援策で合意ならず(04/09)

仏伊西、死者数伸び減速=独も感染縮小傾向(04/07)

ユーログループ議長、コロナ債協議呼び掛け(04/07)

EU、蘭の欠航便バウチャー交換策を却下(04/06)

デンソー、施設園芸セルトングループに出資(04/06)

エールフランスKLM、政府が融資保証も(04/06)

蘭政府、クリーン水素戦略を発表(04/03)

オランダ、感染拡大防止策を28日まで延長(04/02)

蘭の公園、開園せずチューリップを動画公開(03/27)

三菱商事と中部電力、蘭エネコの買収完了(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン