通信オレンジ、通期は0.8%増益

仏通信大手オレンジ(旧フランステレコム)は13日、2019年12月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別要因除く)が128億6,000万ユーロとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前期から0.8%増加したと発表した。フランスとスペインの不振をアフリカ・中東が補った。…

関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、伊同業トップが次期CEO候補に(02/24)

パリ空港公団、印同業の株式49%を取得(02/24)

仏で南京虫が復活、政府が予防対策を開始(02/24)

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン