金融バークレイズ、通期は54%増益

英金融大手バークレイズは13日、2019年12月期の純利益が24億6,100万ポンドとなり、前期比54%増加したと発表した。コーポレート&投資銀部門が好調だったほか、コスト削減が奏功した。 税引き前利益は25%増の43億5,700万ポンド。うち国内部門が大きく48%落ち込んだが、国際部門…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、伊同業トップが次期CEO候補に(02/24)

ロイヤル・メール、労組に6%の賃上げ提案(02/24)

英政府、家庭用ストーブ燃料を段階的廃止へ(02/24)

ファンド販売実績、低炭素関連銘柄が最高額(02/24)

LOTのコンドル航空買収、独当局が承認(02/24)

財政収支、1月は黒字縮小(02/24)

ヴァージン、若者向けクルーズ船を公開(02/24)

ペトロファク、UAEでEPCC契約(02/24)

ロンドン地下鉄、運転手がスト決行(02/24)

ロイズ銀、通期は26%減益=CEO減俸(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン