• 印刷する

ネットのコンテンツ規制強化 英、通信当局に監督権限付与

英政府は12日、メディア・通信業界の監督機関Ofcomに、インターネットを監督する権限を付与したと発表した。子どもなどを有害なコンテンツから保護するとともに、ユーザーが安全にインターネットを利用できるようにする狙い。

Ofcomは今後、米フェイスブック(FB)、ツイッター、ユーチューブといったソーシャルメディアや検索エンジンなどの運営企業に対し、暴行やテロリズム、児童虐待などの違法または有害なコンテンツの削除やブロックを命じることが可能となる。また、こうしたコンテンツが表示されるリスクを最小限に抑えるよう、各社に求めることができる。どのようなサービスが規制対象になるかについてのガイドラインは、追って公表する方針という。罰則規定は明らかになっていない。

英国では現在、これら企業は、自社媒体にアップロードされた違法もしくは有害なコンテンツについておおむね自主規制が認められている。各社はそれぞれのルールを適用してきたが、かねて、ユーザーを危険から守るためには独立したルールが必要だと指摘する声が上がっていた。

こうした中、英政府は昨年4月、インターネット上でのテロの扇動や児童の性的搾取といった違法行為や有害活動の防止を目的とする新規制の枠組み案「オンライン害に関する白書」を発表。法的な注意義務を課し、これを怠った企業とその上級幹部には巨額の罰金を科す考えを示していた。政府はその後、白書を諮問にかけており、最終案は今春にも公表される見通し。

■Ofcom、新CEOを指名

Ofcomはこの日、新最高経営責任者(CEO)に、住宅・地域社会・自治省のメラニー・ドーズ事務次官を指名したと発表した。3月初めに就任する。

同氏は財務省で15年間エコノミストとして勤務した後、2011~2015年には内閣府で経済内政問題事務局長を務めた。2015年から現職で、英国消費者協会(CA)が発行する雑誌「ウィッチ?(Which?)」の外部取締役なども務めている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

返済不能額は50億ポンドか 英政府保証のコロナ禍緊急融資(08/05)

米社のアーム買収計画、政府内で懸念高まる(08/05)

R・ロイス、ベルゲンをラングレーに売却(08/05)

石油シェル、リビアでの事業再開を検討(08/05)

英製ワクチン、42万回分がマレーシアに到着(08/05)

スコットランド、島への移住者に5万ポンド(08/05)

英、接触追跡の通知要件緩和 自主隔離の対象者減らす狙い(08/04)

英、渡航規制の新ウォッチリスト導入案撤回(08/04)

石油BP、第2四半期は黒字回復(08/04)

SSE、SGN株を加コンソーシアムに売却(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン