• 印刷する

鉱工業生産、12月は3.5%減少

ドイツ連邦経済技術省は7日、2019年12月の鉱工業生産指数(2015年=100、稼働日数・季節調整済み)が97.8ポイントとなり、前月から3.5%減少したと発表した。落ち込み幅は、2009年1月以降で最大。足元の経済動向を示す鉱工業生産の低迷を受け、リセッション(景気後退)に陥る可能性が再び出てきた。

分野別では、製造業が2.9%減少。うち投資財が3.5%、中間財は2.6%それぞれ落ち込んだ。消費財も2%縮小している。

四半期ベースで見ると、第4四半期(10~12月)の鉱工業生産は前年同期から1.9%減少した。製造業は2.3%、建設業は1.9%それぞれ減っている。

経済技術省は、生産量と新規受注が伸び悩んでいることから、リセッション入りの懸念はまだ完全に回避できていないとした。一方で、12月は休業日が多くなるため、生産量の減少傾向は誇張されている面もあると指摘。景況感が改善していることから、業界は向こう数カ月でやや上向くとの見方を示した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新車登録台数、3月は38%減 新型コロナで軒並み前年割れ(04/06)

独政府、ルフトハンザに数十億ユーロ注入か(04/06)

メルケル首相、自主隔離終え表舞台に復帰(04/06)

ドイツ、外国人農業労働者の入国制限緩和(04/06)

ドイツ機械受注高、2月は4%減少(04/06)

3月は統計開始以降で最低 ユーロ圏総合PMI確定値(04/06)

ドイツの国立研究所「マスク着用に効果も」(04/06)

全面的な封鎖措置、独国民の支持4割止まり(04/06)

欧州委、ドイツなど5カ国の経済支援策承認(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン