昭和電工、独生産拠点の閉鎖巡り労使協議

昭和電工は5日、ドイツ連結子会社の独南部バイエルン州マイティンゲン(Meitingen)にある生産拠点の閉鎖について、労使協議を開始したと発表した。 同拠点は現在、黒鉛電極の本体部分(ロッド)同士を継ぎ足す際の接合部である継手を生産しているが、閉鎖後は、長野県の大町事業…

関連国・地域: ドイツオーストリアアジア
関連業種: 電機雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独自動車VW、スロバキア工場閉鎖を再延長(04/03)

ドイツ、接触制限措置を19日まで延長(04/03)

独の検査数が1日5万件=死者数抑制に貢献(04/03)

独政府、感染者追跡で携帯アプリの使用検討(04/03)

独政府、コンドル航空の国営化準備か(04/03)

ルフトハンザ、時短勤務巡り労組と合意(04/03)

ドイツ銀、幹部の今年のボーナスをカットも(04/03)

欧州主要国GDP、20ポイント前後低下も(04/03)

トゥーシンプルとZF、自動運転車で提携(04/03)

ドイツの時短勤務賃金補償、47万社が申請(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン