企業ソフトSAP、通期減益もクラウド好調

ドイツの企業向けソフト大手SAPは28日、2019年12月期の純利益が33億8,700万ユーロとなり、前期比17%縮小したと発表した。エクスペリエンス管理ソフトを手掛ける米クアルトリクス(Qualtrics)の買収コストが響いたものの、クラウドの売り上げが順調に伸びていることから、今年…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ経済、9.8%縮小も 金融危機上回る落ち込み=Ifo(04/09)

TUI、独政府から18億ユーロのつなぎ融資(04/09)

ドイツ企業で独自の5G通信網の構築加速(04/09)

BMW、自社工場でマスク生産へ(04/09)

エア・リキード、感染症予防の独社売却へ(04/09)

シーメンス、エジプトで鉄道機関車を受注も(04/09)

ドイツの自治体がマスク購入で詐欺被害(04/09)

独首相「最大の試練に直面」 EUの団結呼び掛け=新型コロナ(04/08)

VW、スペインの工場を部分的に再開へ(04/08)

鉱工業生産、2月は0.3%増加(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン