ウクライナ、2050年までに石炭火発全廃へ

ウクライナ政府は2050年までに全ての石炭火力発電所を閉鎖する計画だ。政府が先に公表した気候変動対策を元に、欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブが27日伝えた。 それによると、政府は向こう数十年間に、主にエネルギー効率化を通じて、国内のエネルギー需要を半減…

関連国・地域: EUウクライナ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

議会、融資獲得に向け農地取引解禁へ(04/01)

ウクライナ鉱工業生産、2月は1.5%減少(03/25)

ウクライナのインフレ率、2月は2.4%(03/17)

中国社、ウクライナで廃棄物発電建設へ(03/16)

露政府、伊など欧州4カ国からの入国を制限(03/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン