ウズベキスタン、首都への移住制限緩和

ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領は24日、旧ソ連時代から続く地方から首都への移住制限を緩和する方針を明らかにした。ロイター通信が伝えた。 首都タシケントは約250万人の人口を抱え、建設ラッシュに沸いている。一方、地方には3,000万人以上が暮らすが、これまでは就業先が…

関連国・地域: ウズベキスタン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

カザフ、主要都市で外出制限へ=初の死者(03/30)

ウズベキ政府、サウジ社と3件の電力契約(03/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン