メルセデス、EV「EQC」の生産目標半減

独自動車大手ダイムラーは、高級車部門メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)「EQC」の今年の生産目標を5万~6万台から3万台に引き下げた。韓国・LG化学のバッテリーセル供給不足が原因とみられる。独経済誌マネジャー・マガツィーンが23日伝えた。 報道によると、ダイ…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テスラ、工場建設準備を再開=裁判所が承認(02/24)

保険アリアンツ、通期は6.1%増益(02/24)

電動キックボードのティア、1億ドルを調達(02/24)

LOTのコンドル航空買収、独当局が承認(02/24)

北京ベンツ、1月の新車販売は18.8%増加(02/24)

ドイツ、新たなEV購入支援策を始動(02/21)

ドイツ鉄道、アリバ上場計画を再延期(02/21)

ダイムラー、経営体制をスリム化(02/21)

VWのウィッターCFO、来年6月に退任へ(02/21)

ドイツ機械輸出高、2019年は1.5%減少(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン