ワイヤーカード、会長はCEO留任望む

ドイツの決済サービス大手ワイヤーカード(Wirecard)・グループは、昨年に報じられた同社の新たな不正会計疑惑を巡る独立調査に問題がなければ、マーカス・ブラウン最高経営責任者(CEO)を続投させる方針だ。調査は大手会計事務所KPMGに委託している。トーマス・アイヒェ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、新たなEV購入支援策を始動(02/21)

ドイツ鉄道、アリバ上場計画を再延期(02/21)

ダイムラー、経営体制をスリム化(02/21)

VWのウィッターCFO、来年6月に退任へ(02/21)

ドイツ機械輸出高、2019年は1.5%減少(02/21)

メルク、デルマにアレルギー事業売却(02/21)

独消費者信頼感、3月はやや悪化(02/21)

VW、南アでEV版「ゴルフ」試験展開(02/21)

独西部で銃撃事件、9人死亡=極右の犯行か(02/21)

テューリンゲン州で4月にも出直し州議選か(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン