エアバス、仏南西部でも「A321」生産へ

欧州航空・防衛最大手エアバスは21日、仏南西部トゥールーズのラガルデール(Lagardere)工場でも新たにナローボディー機「A321」の生産を開始すると発表した。需要増に対応する狙い。 同工場では現在、超大型旅客機「A380」を生産しているが、2021年末での生産終了が決まってい…

関連国・地域: フランス
関連業種: その他製造運輸


その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、欧州で2千人超を整理へ(02/21)

ルノー、不正な資金使用巡り検察が本格捜査(02/21)

フェッセンアイム原発、22日に廃炉作業開始(02/21)

エールフランスKLM、通期は30.6%減益(02/21)

日本製鉄、仏鋼管バローレックに追加出資(02/21)

トタルとPTTEP、オマーンでガス開発へ(02/21)

ルノー、ムーディーズがジャンク級に格下げ(02/20)

造船ネイバル、豪地場企業の能力不足を懸念(02/20)

EU、2030年までに廃棄物量を半減へ(02/20)

コメルツ銀、エムバンク売却を棚上げも(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン