カザフ、中国への原油輸出を削減=汚染受け

カザフスタンが、中部アタス(Atasu)と中国の新疆ウイグル自治区の阿拉山口(あらさんこう)を結ぶ石油パイプラインの輸送量を制限している。原油汚染が発覚したため。取引関係者の話を元に、ロイター通信が21日伝えた。 それによると、当局は先に、同パイプラインで輸送されてい…

関連国・地域: カザフスタンアジア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カザフで民族間の衝突、10人死亡(02/11)

露首相、初の外遊でカザフ首相と会談(02/03)

カザフスタン、新型肺炎で中国との往来禁止(01/31)

カザフなど、気候変動対策の連携強化へ(01/30)

カザフ、中国への原油輸出を削減=汚染受け(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン