化学BASF、シンガポールで農薬工場建設

独化学大手BASFは、農業ソリューション部門がシンガポール西部トゥアスに農薬などを生産する地域生産拠点を設置すると発表した。投資額は約3,000万ユーロ。人口増加に伴い拡大するアジア太平洋地域の需要に応えるのが狙いで、向こう10年で市場シェアを2倍に拡大する考えだ。 …

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 化学農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、難民キャンプの9千人が施設移動(09/22)

独経済、第3四半期は改善か=連銀月報(09/22)

VW、EU排ガス規制対策でMGと提携(09/22)

独大学、事故起こさない自動運転算法を開発(09/22)

ドイツの一部公務員、賃上げ求め警告スト(09/22)

デュッセルドルフで封じ込め策への反対デモ(09/22)

ドイツ、来年7月までに使い捨てプラ禁止に(09/21)

コベストロ、米社の買収提案報道を否定(09/21)

ダイムラー、新型長距離FCトラックを公開(09/21)

生産者物価、8月は1.2%低下(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン